水素水ボトルの種類について

水素水ボトルには、ボトル自体にバッテリーを搭載し、電気分解を行うことで水素を発生させるボトルの他、水素を閉じ込めたボトルの2種類があります。この2種類が主になりますが特徴としては、水素ボトルは、水素が漏れださないよう金属を使用するものとそうではない物があり、金属の物の方がより長時間水素を保存できます。

ただし、使用される金属はアルミになり、錆びない金属を使用していますが、スチール缶とは異なり耐久性はそれほど高くなく、落下によりへこみを生じてしまう程度の耐久性である物が多いです。その為大きくへこみ飲み口部分が歪むとそこから水素が漏れだすのでプラスチックで構成されたボトルも見直されており、バッテリーを消費し電気分解を行う装置が付属しているものはプラスチックボトルであることが多いです。これを金属で構成した場合、漏電を起こした際に金属であるボトルで水素を作った場合、感電の恐れもあるため、ボトル自らにバッテリーを付属させ、電気分解を行い水素を発生させるものには、プラスチックで容器を構成しています。

以上が水素ボトルの種類ですが、市販されている水素水の多くはアルミなどで水素が抜け落ちにくいものを使用して下り、簡易の水素サーバー代わりになる携帯型ボトルについては、リチウムイオンバッテリーを搭載し、電気分解を行う装置を搭載することで水素を発生させることが出来ますが、代わりに容器はプラスチックとなり、漏電しない容器としてプラスチックを使用しており、アルミ缶と比べると水素が抜け落ちやすいです。

以上が水素水ボトルの大まかな種類になりますが、ボトル自らが水素を作り出せない場合、アルミで、ボトルに水素発生器が付属している場合プラスチックとなります。これについては、経費などを考えると、アルミ容器でかつ水素発生器を付けたタイプを開発した場合、安く水素水ボトルを生産することが出来ない問題を考えると、プラスチックと言う素材は安価で電気を通さないので魅力ある物であると言えます。